海外「日本はさすがだw」 各競技のBGMも日本らしさが満載だと海外で大きな話題に

大会5日目を終え、日本人選手の大活躍もあり、
ますます盛り上がりを見せている東京オリンピック。

競技のほとんどが無観客試合になった事などから、
開幕前には熱気が上がらない事を危惧する声もありましたが、
開会式の平均世帯視聴率は関東地区で56.4%と、
過去最高の1964年東京大会(61.2%)に迫る高視聴率となり、
もともと潜在的な関心は非常に高かった事が窺えます。

開会式では日本製ゲームの音楽が多用されましたが、
実は競技ごとではアニメの音楽が複数使われており、
その事が現在、海外のネット上で大きな話題になっています。

バレーボール:「ハイキュー!!」より「Imagination」
バスケットボール:「スラムダンク」より「君が好きだと叫びたい」
アーチェリー:「進撃の巨人」より「紅蓮の弓矢」
       「鬼滅の刃」より「紅蓮華」
柔道:「イノセンス(攻殻機動隊)」より「傀儡歌」

今後もアニメ曲がまだまだ出てきそうだという事で外国人は大盛り上がり。
関連投稿に寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「アニメの枠を超えてる!」20年前のアニメの主題歌がカッコ良すぎると話題に

34545.png
Source: パンドラの憂鬱

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク